top of page
  • 百水

感想文1

更新日:2021年4月3日

数十年ぶりに文学本を読んだのが「人生の花火」でした。

若いころなら1日で読破できたと思いますが、

この年では、1週間かかりました。

なかなかの長編で力作ですね。

久しぶりに読書をする機会になりました。

感謝します。

冨部さんと年齢が近いせいもあり、

ところどころに出てくる音楽関係の記述は

共感できるところが多かったです。

また、集成材という言葉がポンと出てきたところは、

さすが林産学科出身だということを思いました。

「花火の開いた一瞬をとらえる」、ということの本当の意味はわかりませんでした。

ビックバンのはじまり、宇宙の大元(人生とは何だろうか)を探求するということでしょうか?わかりません。

小林秀雄に興味がおありのようですね。

私も高校の時、同じ教科書でしょうか、「無常という事」を読んだ記憶あります。

私は、若いころ、小林秀雄の言ってみれば理科系的な緻密さよりも、

私が持っていないものを持つ、中原中也のほうに、抒情的な詩に惹かれました。

小林秀雄とは親交?(敵対)があったように思います。

「無常という事」で思い出しました。

今から20年ほど前の大学院の講義で、

アメニティ木材学という講義をしていました。

レポート課題に、木材のアメニティ(快適性)とは、どういうことだと思うか?

という題で出題したのですが、

学生の一人が、「無常という事」を掲げて、レポートを発表しました。

文庫本を私も買って読み返しました。

理解が難しかったんですが、

「快適な環境にいると、何か自然と思い出すことがある。思い出すことがあるとき、今いる、その環境は快適であるのではないか」と勝手に理解しました。

長くて済みませんでした。


百水


閲覧数:83回1件のコメント

最新記事

すべて表示

凡そ、半世紀以上昔。宝ヶ池の国際会議場に来賓があると、打ち上げ花火が上がっていました。まだ小さかった私は音がすると急いで表に出て花火を眺めていました。 結婚後に移り住んだ浜松では夏場、毎週のように町内で花火があがっていました。打ち上げ花火を真下から見た初めての経験でした。そして、今回衝撃的な花火に巡り会えました。私が見ていた花火の正体はこんなだったんだと。沢山の人々を感動させるエネルギーの原点を垣

希望と、追憶と、ひとつの小説。 小説を読まなくなって久しいのですが、今回の「人生の花火」は久々に興味をもって読んだ小説です。  花火や写真?という印象を持ちながら、読み進みましたが、青春譚として充分楽しめる物語になっていました。読んでいるうちにエピソードの多彩な展開についつい引き込まれていきます。実在の花火写真家の人生にモチーフを得た小説ですが、ドキュメンタリーではなく、作者の創作作品と言えます。

『人生の花火』、楽しく拝読致しました。幾度も挫折に遇ひつつも、花火を撮る写真家といふ道を見出してゆく悠二の生き様が、印象に残りました。 私のやうな平成生まれの人間の多くは、人生如何に失敗をせずに、効率的に目標に向かつて突き進むか、といふことばかりを無意識に考へてしまつてゐるやうに思ひます。一方で悠二の生き様は「スマート」ではありません。病ひや、後で思ひ返せば惜しくてたまらぬ恋人との別れなど、上手く

bottom of page