芥川也寸志サントリー作曲賞(12)

更新日:3月18日

 

 8月28日(土)、サントリーホールで行われていたサマーフェスティバルの最終日、第31回芥川也寸志サントリー作曲賞選考演奏会に行って来ました。

 お目当ては、『小林秀雄に学ぶ塾』で共に学んでいる桑原ゆうさんの『タイム・アビス』を新日本フィルハーモニー交響楽団による演奏で聴くことでした。会場には池田雅延塾頭を始め、何人かの塾生も訪れ、桑原さんを応援しながらも、皆さん、この演奏会を心より楽しまれたと思います。そして、同賞には見事、桑原さんの曲が選ばれました。

 ちなみに、桑原さんには小説『人生の花火』のクラウドファンディングのサポーターにもなって頂いております。桑原さんの公式HPは下記ですので、是非ともその楽曲を聴いてみて下さい。

 https://3shimai.com/yu/yu_works.html

 ところで、サントリーと言えば、ウイスキー。ウイスキーと言えば、その揺籃はオークの樽。そういったことにも関連して、サントリーホールには私が勤務する会社の製品である、オークの壁紙が使用されています。

 1986年にオープンしたこのホールの内装が評判を呼んでか、その後、ニューヨークのリンカーンセンター内にある音楽ホール、ソウルのアートセンターにあるオペラハウス、天津にあるジュリアード音楽院のコンサートホールにもその木の壁紙が使用されました。迫力あるオークの壁紙の内装を眺めながらの桑原さんの受賞は、二重の意味で格別なひと時となりました。もちろん、内装はあくまで桑原さんの引き立て役ですが。

 ということで、桑原さんの今後のさらなるご活躍に期待いたしましょう。


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示