top of page

感想文6

更新日:2021年4月14日

読了。最近は小説など久しく読んでなかったのに、重い本を鞄に入れて通勤時や昼休みに貪るように一気に読んだ。

おもしろかった。悠二はもとより周囲の人物たちも生き生きと描かれていて「いるいる!」と親近感をもった。

思い返せば30年になる冨部さんとの付き合いの中で「これ、私やん」というエピソードに苦笑したり……。久々に本を読む楽しさを思い出させてくれて、おおきに!


金武さんには以前、食物アレルギーの取材でお話を伺ったことがある(金武さんはお忘れだと思うが)。にこやかな語り口とは裏腹に、その壮絶な戦いの日常に、大げさではなく戦慄を覚えた。

個人的にはアレルギー体質との戦いの話をもっと読みたかった気もするが、そこは意図があってのことだろう。

なにせ金武さんは、冨部さんが惚れ込むのも無理のない「めっちゃいい人」なのだ。自分の体質も、周りのイヤな人たちも全て受け入れて笑顔で包み込んでしまうのである(1回しかお会いしてないが多分)。

金武さんが花火に出会ったように、冨部さんは金武さんに出会って執筆意欲に火がついた(17年もの長きに渡り消えない火が)。次はどんな作品を読ませてくれるのか。楽しみでならない。

閲覧数:37回1件のコメント

最新記事

すべて表示

感想文27

このたび、「人生の花火」を拝読し、感動いたしました。 登場人物の心理描写が私にはとてもしっくりくる感じがして、「そうだよな」「なるほど、そう思うよな」という風に、登場人物(悠二)に一つ一つ共感しながら読むことができました。井上靖の作品(しろばんば 等)を読んだ時のように、自分の心にピッタリとくる言葉を次々と提供してくれているような感じを、読みながらずっと受けておりました。 中でも一番印象に残ってい

感想文26

ことのほか厳しい暑さが続いている八月も、もうすぐ終わろうとしています。 過日は長編小説『人生の花火』をお贈り頂きまして、心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。とても読み応えがあり、私も悠二達の過ごした頃に引き込まれて行き、そこかしこに冨部さんの執筆への熱い想いが伝わってきて感動いたしました。 私たちの人生・社会も決して順調に、思い通りになるものではありません。背負い切れない艱難が

感想文25

『 人生の花火 』読み終えました。ひさびさの一気読みです。 冨部久志さんの文章がなにより素晴らしい。読ませる! 金武 武さんをモデルとした主人公の「現代的」生き方に最終的に共感し、著者である冨部さんの取材力と真摯な執筆態度にもエールを送りたいです。 青春を描いた本として読みつがれることを期待してます。装幀もいいです。各所にあしらわれた花火の写真も素晴らしい。 PASSAGEbi

1 comentário


Hisashi Tomibe
Hisashi Tomibe
03 de ago. de 2021

ヒサコさん、


 ヒサシです(笑)。  感想文、ありがとうございます。楽しんで頂けて良かったです。  金武さんを知っている方ならではのポイントを突いておられますね。

 即ち、アレルギーと壮絶な戦いをしてこられたのに、また花火写真家として自立するためには様々な障害があったのに、それを感じさせない「めっちゃいい人」なのですよね。

 あっ、ヒサコさんのエピソードも黙って頂戴してすみません。あまりにも面白過ぎるので、活字として残させて頂きました。よほど信頼のおける人でないとどういうエピソードなのか口外しませんので、ご安心ください。

 そういえば、阿蘭ヒサコさんは、小説家としては先輩ですよね。是非とも、何か自分の書きたいものを書いて、世の中を瞠目させてください。

 

 冨部

 


Curtir
bottom of page