top of page

感想文6

更新日:2021年4月14日

読了。最近は小説など久しく読んでなかったのに、重い本を鞄に入れて通勤時や昼休みに貪るように一気に読んだ。

おもしろかった。悠二はもとより周囲の人物たちも生き生きと描かれていて「いるいる!」と親近感をもった。

思い返せば30年になる冨部さんとの付き合いの中で「これ、私やん」というエピソードに苦笑したり……。久々に本を読む楽しさを思い出させてくれて、おおきに!


金武さんには以前、食物アレルギーの取材でお話を伺ったことがある(金武さんはお忘れだと思うが)。にこやかな語り口とは裏腹に、その壮絶な戦いの日常に、大げさではなく戦慄を覚えた。

個人的にはアレルギー体質との戦いの話をもっと読みたかった気もするが、そこは意図があってのことだろう。

なにせ金武さんは、冨部さんが惚れ込むのも無理のない「めっちゃいい人」なのだ。自分の体質も、周りのイヤな人たちも全て受け入れて笑顔で包み込んでしまうのである(1回しかお会いしてないが多分)。

金武さんが花火に出会ったように、冨部さんは金武さんに出会って執筆意欲に火がついた(17年もの長きに渡り消えない火が)。次はどんな作品を読ませてくれるのか。楽しみでならない。

閲覧数:33回1件のコメント

最新記事

すべて表示

凡そ、半世紀以上昔。宝ヶ池の国際会議場に来賓があると、打ち上げ花火が上がっていました。まだ小さかった私は音がすると急いで表に出て花火を眺めていました。 結婚後に移り住んだ浜松では夏場、毎週のように町内で花火があがっていました。打ち上げ花火を真下から見た初めての経験でした。そして、今回衝撃的な花火に巡り会えました。私が見ていた花火の正体はこんなだったんだと。沢山の人々を感動させるエネルギーの原点を垣

希望と、追憶と、ひとつの小説。 小説を読まなくなって久しいのですが、今回の「人生の花火」は久々に興味をもって読んだ小説です。  花火や写真?という印象を持ちながら、読み進みましたが、青春譚として充分楽しめる物語になっていました。読んでいるうちにエピソードの多彩な展開についつい引き込まれていきます。実在の花火写真家の人生にモチーフを得た小説ですが、ドキュメンタリーではなく、作者の創作作品と言えます。

『人生の花火』、楽しく拝読致しました。幾度も挫折に遇ひつつも、花火を撮る写真家といふ道を見出してゆく悠二の生き様が、印象に残りました。 私のやうな平成生まれの人間の多くは、人生如何に失敗をせずに、効率的に目標に向かつて突き進むか、といふことばかりを無意識に考へてしまつてゐるやうに思ひます。一方で悠二の生き様は「スマート」ではありません。病ひや、後で思ひ返せば惜しくてたまらぬ恋人との別れなど、上手く

bottom of page