感想文8

 徳川家康の遺訓の一つに、「人の一生は重荷を追うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし」というものがある。けだし至言であると個人的には思う。現代語でいえば、人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものだ。急いではいけない。不自由が当たり前だと思えば、不満は生じない、といったところであろうか。葉山悠二の人生は、まるでこの言葉を体現したものであるように感じた。

 この作品において、読む者を魅了するのは、生気溢れる花火の描写であると考える。

 “パーンという音がして、悠二は芝生の上に置いた手のひらに軽い衝撃を感じた。視線を少し上げると、会場から黄色い尾を伴った小さな火の玉が、目の前の薄闇を切り裂いて昇ってくのが見えた・・・すると、花火が開くのは、生命が誕生した瞬間だと思ったりもした。


 上記の言葉のような花火の描写を節々に登場させることで、まるで悠二の人生と花火がオーバーラップするような感覚を読み手に与えると感じた。私が思うに、悠二は《瞬間的なモノ》に興味を感じる傾向にある。《音楽》然り、《花火》然り、《写真》然り、一瞬の輝きにすべてを賭けるものに魅力を感じ、突き詰めようとする姿勢を作中から読み取れる。それには、療養所において、仲間の死を経験したことが根底にあると考えられる。即ち、人間はいつしか死を迎える為、永遠などといったものは存在しないが、一瞬の輝きを追い求めることによって、生きていることの価値を見出す事が出来るという思想を、悠二は抱いているのかもしれないと考える。そして、その一瞬の輝きを、まるで永遠であるかのように切り取る事が出来る《写真》というものに、悠二が命を賭して打ち込むようになったことは、もしかしたら必然だったのかもしれないと思う。

 作品の前半はまるでナルシソ・イエペスの『禁じられた遊び』が流れているような、重たい雰囲気である。しかし、高校生の下りからは、例えるならビートルズがBGMで流れているような、甘酸っぱい青春の記憶を感じ取る事ができた。沢山の魅力的な登場人物たちも、この小説に生気を与え、彩を添えているように感じる。序盤に比べて、中盤から終盤にかけて、文章が読みやすくなっていると感じた。まだまだ荒削りの文章であるように感じるが、ストレートな語り口による感情描写や、臨場感のある風景描写と、生気に満ちた会話がふんだんに取り入れられており、主人公の心理状態をありありと感じることが出来た。なかなかに分厚い作品であり、非常に読み応えのある小説である。今後の作品にも期待したい。

閲覧数:33回1件のコメント

最新記事

すべて表示

凡そ、半世紀以上昔。宝ヶ池の国際会議場に来賓があると、打ち上げ花火が上がっていました。まだ小さかった私は音がすると急いで表に出て花火を眺めていました。 結婚後に移り住んだ浜松では夏場、毎週のように町内で花火があがっていました。打ち上げ花火を真下から見た初めての経験でした。そして、今回衝撃的な花火に巡り会えました。私が見ていた花火の正体はこんなだったんだと。沢山の人々を感動させるエネルギーの原点を垣

希望と、追憶と、ひとつの小説。 小説を読まなくなって久しいのですが、今回の「人生の花火」は久々に興味をもって読んだ小説です。  花火や写真?という印象を持ちながら、読み進みましたが、青春譚として充分楽しめる物語になっていました。読んでいるうちにエピソードの多彩な展開についつい引き込まれていきます。実在の花火写真家の人生にモチーフを得た小説ですが、ドキュメンタリーではなく、作者の創作作品と言えます。

『人生の花火』、楽しく拝読致しました。幾度も挫折に遇ひつつも、花火を撮る写真家といふ道を見出してゆく悠二の生き様が、印象に残りました。 私のやうな平成生まれの人間の多くは、人生如何に失敗をせずに、効率的に目標に向かつて突き進むか、といふことばかりを無意識に考へてしまつてゐるやうに思ひます。一方で悠二の生き様は「スマート」ではありません。病ひや、後で思ひ返せば惜しくてたまらぬ恋人との別れなど、上手く