「東京SUGOI花火」などなど(33)

更新日:7月9日


 

 7月6日(水)に『東京SUGOI花火』を見に行ってきました。前日までは雨予想で、しかも台風の影響で中止の恐れがありましたが、祈りが天に届いたのか、当日は見事に晴れました。場所は府中競馬場。何十年振りかの訪問でした。このアプローチ、今日は儲かるだろうかとドキドキしながら歩いていったものです。


 そして始まった花火、芝生のコースからすぐそばの席で間近に見ることが出来て、ローリング・ストーンズの音楽ともども大満足でした。余りに近くなので、大きい花火はほぼ頭上で開くような感じでしたが、それは子供の頃にどこかで見た花火を思い起こさせました。


 隣で見ておられた、というよりはずっと花火を撮影されていた金武武さんも花火の色の美しさに感心されていました。

 その金武さんにもいくつか花火が打ち上がりました。

 まずは今週発売されたサンデー毎日に特集記事が出て、美しい花火写真とともに取り上げられました。これはぜひとも買って読んで頂きたいと思います。


 それと、BAKEさんのお菓子「PRESS BUTTER SAND」の熨斗紙(のし紙)に金武さんの福田式花火写真が採用されました。これを見ながら食べると、いっそうおいしく感じられることでしょう。以下、商品が買える場所のリンクを貼っておきます。

https://www.facebook.com/photo?fbid=5310710282345029&set=pcb.5310710369011687


 まだまだあります。カメラ雑誌の月刊フォトコンにも金武さんの記事と写真が出ています。さらには花火撮影のツアーの予定もいくつかあるという事で、今後ますますのご活躍が期待されます。


 さて、私の方に関しては、先日、個人会員になっている日本自費出版ネットワークのメールマガジンの中でご紹介して頂けました。会員向けとなっていますが、ご厚意により公開しても構わないという事ですので、全文を添付いたします。

JSN メールマガジン
.docx
Download DOCX • 26KB

 以上、個人的にはかなり目まぐるしい一週間でしたが、日本全体でもコロナの感染者の急増や痛ましい事件などがあり、大きく揺れ動いた一週間でした。これからの日本が進むべき道を問いながら、来週の選挙では一票を投じたいと思います。

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示